So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

ハロウィン仕様のドリア、作りました。 [モニター]

DSC_0002.jpg
*GABANナツメグ<パウダー>
*GABANカルダモン<パウダー>
*GABANポピー<ホール>
こちらを使ってかんたん&楽しい♪HAPPYハロウィンレシピに挑戦です。

本当に手軽にハロウィンぽく作ってみました。
こんな手軽なアレンジでも子供は十分喜んでくれますよ。
我が家の中3男子は
「お、かわいい。手が込んでるね~。ちゃんと顔もついてるんだね。」
と言って喜んでくれました(^^)。

2人前
ハッシュドビーフ 1人前 ※
ナツメグ 適量
ご飯 2杯分
バター 大さじ1
玉ねぎ 小1個 繊維に沿って千切り
かぼちゃ 1/16個 1.5cm角
ベーコン 4㎝ 1㎝幅
牛乳 100cc
コンソメ 小さじ1/2
塩、黒胡椒 適量
チーズ、パセリ 適量
薄切り食パン 1枚

食パンを型抜きし、トースターで焼く。

ハッシュドビーフを暖め、ナツメグを加える。

DSC_0008.jpg
フライパンにバターを入れ、野菜とベーコンを炒める。
ご飯を加え炒める。
塩コショウをし、牛乳、コンソメを加え一煮立ち。

耐熱の器に、ご飯、ハッシュドビーフ、チーズをのせトースターで焼く。

DSC_0011.jpg
パセリを散らし、、パンを飾ったら完成。

DSC_0019.jpg
顔、わかりますか?

※ハッシュドビーフは市販品でも手作り品でもどちらでも。
※私は作り置きしておいたハッシュドビーフを使っています。

ナツメグのちょっと甘くスパイシーな香りが大人な雰囲気になり、おすすめです。

ハロウィン料理レシピ
ハロウィン料理レシピ  スパイスレシピ検索


nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

炒醤、いただきました。 [モニター]

DSC_0011.jpg
エスビー食品の李錦記 炒醤(チャオジャン)うま辛黒胡椒味/海鮮うま塩味
をいただきました。

高級中華料理専門店でシェフが味の決め手として使う李錦記の本格調味料をベースに作り上げました。これ1本あれば、家庭で専門店の味わいを簡単に作る事ができます。

チューブタイプで使いやすく、ボトルの側面に絞り出す目安があるので、計量が簡単です。
という商品。

DSC_0671.jpg
早速、海鮮うま塩味でチャーハンとスープを作成。
香り、味わいを最大限に引き立てる絶妙なバランスでほたて、エビ、オイスターソースを配合した海鮮の濃厚なコクと旨み豊かな味わい。
ということで、はい、とっても手軽においしいチャーハンとスープが完成しました。
うーん、便利。
しかも、間違いなくおいしい。
まずく作りようがない(笑)。

エスビー食品さん&モラタメさん、便利で美味しい調味料をありがとうございます!
使い始めたらやめられないです(^^;;。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

さっぱり鶏チャーシューサンド、作りました。 [モニター]

さっぱり鶏チャーシューは和風な印象ですが、サンドイッチの具にもピッタリです!

2人前
ピタパン 4個
レタス 4枚
ミニトマト 8個
さっぱり鶏チャーシュー 適量
マヨネーズ 適量

DSC_0693.jpg
ピタパンにマヨネーズを塗り、用意した具材をサンドし完成。
野菜はお好みの物で結構です。
DSC_0687.jpg
さっぱり鶏チャーシューはごく極薄切りにし、たっぷりはさむとおいしいです。
ピタパンは小さいので、一人2つで4人前としています。

「レシピブログアワード2018レシピ&フォトコンテスト」参加中
レシピブログアワード2018
レシピブログアワード2018

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

キュキュット CLEAR泡スプレー、いただきました。 [モニター]

02_p02.jpg
画像はサイトより拝借させていただきました。
発売から2年、累計出荷本数は2,000万本(※1)を突破!奥・ミゾ・スキマの汚れに直接スプレーして水で流すだけで、スポンジが届かないすみずみの汚れまで清潔にするので、洗いにくい様々な食器類にオススメです。ポイントを狙いやすく、飛び散りにくいスプレーで、油汚れも泡がパチパチはじけながらみるみる分解。さらに改良によって泡が広く届く&「頑固な油汚れ」の洗浄力もアップ!1本で除菌(※2)・消臭・くすみ落としの3つの効果があります。3タイプの香り(グレープフルーツ・オレンジ・無香性)。
という商品。

私がいただいたのはオレンジの香りです。
ちょっと甘くでもさわやかな香りでした。
こちらの商品、発売当初から気になっていたので、今回試すことができてとてもうれしいです。

お弁当箱や水筒のパーツが毎日一生懸命洗っていてもなぜか汚れてきます。
スポンジが入ってない証拠ですね。
そんなものの洗浄にぴったりな商品みたいです。

早速水筒のパッキンにかけて放置。
DSC_0001.JPG

かけて流すだけではきれいになりませんでしたが、ごしごしっとこすったらいつもより手軽にきれいになりました。
これは茶渋なので簡単には落ちなかったようですが、油汚れなら手軽に落ちるのでお弁当箱の隙間とかにおすすめな気がします!

「レシピブログアワード2018レシピ&フォトコンテスト」参加中
レシピブログアワード2018
レシピブログアワード2018

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

ピタパンサンド、作りました。 [モニター]

02_p04.jpg
画像はサイトより拝借させていただきました。
我が家の冷蔵庫にこちらのクリームチーズが無い日はありません。
とても身近な商品なので、どんなレシピにしようかと悩みましたが、今回はお手軽をテーマにピタパンサンドにしてみました。

ピタパンは作るのは簡単ですし、材料もシンプル。
寝かし時間がちょっと長いですが、捏ね時間は5分くらいです。
イースト無なのでパン作りをしない方にも手軽に作れます。

4人前
イーストなしのピタパン
タイプER 200g
ぬるま湯(30度) 120cc
塩 2g

DSC_0675.jpg
表面がつるりとするまで捏ね、室温で120分寝かす。

DSC_0678.jpg
4等分し丸め、楕円に伸ばす。

DSC_0686.jpg
天板ごと250℃でしっかり予熱し、約3分焼成。
半分にカットし布巾に包んで冷まします。

レタス 4枚
ミニトマト 8個
ハム 適量
クリームチーズ 4個
ブラックペッパー 適量

DSC_0708.jpg
ピタパンに用意した具材をサンドし完成。
野菜はお好みの物で結構です。
ピタパンは小さいので、一人2つで4人前としています。

「レシピブログアワード2018レシピ&フォトコンテスト」参加中
レシピブログアワード2018
レシピブログアワード2018

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

さっぱり鶏チャーシューいりすだち麺、作りました。 [モニター]

02_p03.jpg
画像はサイトから拝借させていただきました。
かんきつ果汁・醸造酢・しょうゆがひとつになった他では味わえない絶妙な風味の調味料です。鍋料理をはじめ、おろし焼肉・焼魚・ぎょうざ・冷奴など「つけて」「かけて」幅広く使える「ニッポンのさっぱり味」です。特におすすめは、味ぽん:水=1:1で煮るだけでカンタンにつくれる「さっぱり鶏チャーシュー」。ぜひお試しください。
とのこと。
ま、味ぽんを知らない方はいらっしゃらないかなぁ~?ってくらいメジャーな商品ですね。

今回のお題はさっぱり鶏チャーシューのアレンジレシピとのことです。
まずは、さっぱり鶏チャーシューの味がわからないとアレンジもできないので作ってみました。
レシピはサイトにあるのですが、下に抜粋しておきます。

さっぱり鶏チャーシューは簡単で美味しいです。
唐辛子の辛さのあり、ポン酢のさっぱりさもあり。

さっぱり鶏チャーシューがおいしかったので、麺の具材に使ってみました。

材料 2人前
乾麺 2束(200gほど) 指定時間通りにゆでる
---
だし汁 3カップ
酒 大さじ1
塩 小さじ1/2
醤油 大さじ1
---
すだち 2個 ごくごく薄くスライス
水菜 適量 4㎝ほどにカット
さっぱり鶏チャーシュー 適量 スライス

DSC_0718.jpg
汁を作り、器に麺と汁をいれ、カットした具材を乗せる。
すだちもそのままいただきます。
汁は熱くても冷たくてもおいしいので、その日の気温に合わせてどうぞ。

さっぱり鶏チャーシュー
鶏むね肉 1枚(300g)
<A>
ミツカン味ぽん 1/2cup
水 1/2cup
しょうが 1かけ
にんにく 1かけ
赤とうがらし 1本(お好みで)

1.しょうがは薄切り、にんにくは軽くつぶす。赤とうがらしは半分に折り、種を取り除く。
2.鶏肉は皮つきのまま使用し、余分な水けをペーパータオルでふき取る。両面にまんべんなくフォークを刺す。
3.フライパンに<A>、しょうが、にんにく、赤とうがらしを入れて煮立てる。煮立ったら、鶏肉の皮目を上にして入れ、ふたをして中火で片面約7分ずつ、計14分間蒸し煮にする(煮汁がブクブクと泡立つことで煮詰まり、照りが出ます)。
4.火を消し、ふたをしたまま、10分ほど皮目を下にしておいておく。
5.鶏肉を取り出し、8mm厚さのそぎ切りにして器に盛る(熱いので気をつけてください)。<お好みの付け合わせ>を添える。
6.煮汁は再び中火で温め直し、鶏肉にかけていただく(ブクブクと煮立たせることで、より濃厚なソースになります)。

「レシピブログアワード2018レシピ&フォトコンテスト」参加中
レシピブログアワード2018
レシピブログアワード2018

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ボルシチ、作ってみました。 [モニター]

DSC_0643.jpg
こちらをいただきました!

「だしとスパイスの魔法」シリーズ
<アクアパッツァ>
<ボルシチ>
<イタリアンソテー>

にんべんアンバサダーで俳優の速水もこみちさんと共同開発した【メニュー専用調味料】です。
調味液&スパイス入りで、いつもの食材で“ちょっと贅沢な気分を味わえる料理”がつくれます。「アクアパッツァ」は魚介の旨みにオレガノ・バジルの香りが食欲そそる一品で、白ワインを加えた上品な味。「ボルシチ」は、お肉と野菜の旨みにオレガノ・ローレルの爽やかな香りが特徴で、ビーツで本格的な仕上がりに。「イタリアンソテー」はかつおだしの旨みとオレガノ・バジルが素材を引き立たせる、和洋折衷のイタリアン。全て、鰹節専門店のにんべんならではの「だしの技術」を活かし、化学調味料は無添加です。
という商品。
化学調味料無添加というのがうれしいです♪

ボルシチって人生で2回くらいしかいただいたことが無いですし、作ったこともありませんでしたので、興味があってこちらから作らせていただきました。

4人前
ボルシチ 1箱
牛煮込み用 200g
ジャガイモ 小6個
人参 1本
玉ねぎ 1個
マッシュルーム 1パック
セロリの葉 2束分
ローリエ 1枚
コンソメ 小さじ1
ガーリックオイル 大さじ1
塩、黒胡椒 適量
小麦粉 適量
水 適量

牛肉を常温に戻し大きめにカット。
塩、胡椒、小麦ををまぶす。

フライパンにガーリックオイルを敷き牛肉の全面に焼き色がつくまで炒める。
野菜とローリエと付属のスパイスを加えて炒め、圧力鍋へ入れる。
圧をかけて20分、しばし放置。
後は箱に書いてある作り方通りに。

DSC_0064.jpg
完成。
オレガノがしっかり効いているボルシチの完成。
色は本来のボルシチほど赤くは仕上がりませんでした。
最近はJAなどでビーツが売っていることもあるので追加しても良いですね。

我が家ではなかなか好評でしたので、今後も作ってみたいと思います。

「レシピブログアワード2018レシピ&フォトコンテスト」参加中
レシピブログアワード2018
レシピブログアワード2018

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

食欲をそそる、夏レシピにぴったりなスパイス、いただきました。 [モニター]

DSC_0672.jpg
暑い毎日にうれしい!食欲そそる、夏レシピ
おすすめ3種のスパイス&おまけをいただきました。
ハウス香りソルト<レモンペパーミックス>
GABANガラムマサラ(R)<パウダー>
GABAN花椒(ホアジャオ)<パウダー>

DSC_0659.jpg
ハウス香りソルト<レモンペパーミックス>を使ってみたかったので、お弁当の肉巻きに。

お弁当のおかず1人前
ミニトマト 1個
豚の薄切り 1枚
油 適量

お肉にハウス香りソルト<レモンペパーミックス>を振りかけてミニトマトをお肉で巻いて焼いただけ。
レモンの香りがふわっと良いアクセントになりました。

ドレッシングにもよさそうですし、いろいろ使えそうです!

ハウス食品さん&レシピブログさん、おいしいスパイスをありがとうございます♪


夏向き料理レシピ
夏向き料理レシピ  スパイスレシピ検索
「食欲をそそる、夏レシピ」モニター参加中



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

創味のつゆ、いただきました。 [モニター]

DSC_0641.jpg
1987年発売以来、主婦の口コミで広がり、様々な料理に使えると大評判のロングセラー商品「創味のつゆ」。使いやすい細口ノズル付きボトルなので、使う分だけ少量ずつ押して出せるため大変便利です。

という商品。

ずっと使ってみたかったのでとてもうれしいです(^^)。

細口ノズルは本当に使いやすいです!
考えられていますねー。
まずは、そのまま味見をしてみましたが、コクがあり、濃すぎず何にでも使える万能系でした。

DSC_0657.jpg
早速シンプルに、しし唐の炒め物に。
合います!

創味食品さん&モラタメさん、素晴らしい調味料をありがとうございます。
愛用させていただきます。



nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

ロザーティ エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル、いただきました。 [モニター]

DSC_0457.jpg
『ロザーティ エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル』は、樹齢200年のオリーブの樹から手摘み収穫された実だけを12時間以内に搾り、生産者自らがボトリングするというこだわりの逸品です。
製法へのこだわりと品質の高さ”から1996年にイタリアで初めてD.O.P.オリーブオイルとして認められました。現在、イタリアでD.O.P.の指定地域とされているのは20カ所だけ。D.O.P.銘柄を名乗れるオリーブオイルは、イタリアのオリーブオイル全生産量のわずかに1%以下なのです。

とのこと。
うーん、なんかすごそうです!

というわけで、さっそくいただきました。
ちょっと青いバナナのような香り。
みずみずしくてフレッシュな感じがします。

DSC_0463.jpg DSC_0541.jpg DSC_0526.jpg
新鮮なうちに使い切りたいので、いろいろな料理に使っていますが、生でいただくほうが、良さを活かせると思います。
香りが高いので、強い素材と合わせても良いですね。
とてもおいしいです!

モンテ物産さん&モラタメさん、おいしいオリーブオイルをありがとうございました!


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -